FC2ブログ

5/9広島戦 倉本に翻弄される両軍、ラミレスの無能さ、それでも引き分ける!



12_20180509223958ab6.png

我々は何を見せられているというのか?(困惑)

スポンサーリンク


昨日は雨でフラストレーションのたまる1日を過ごしたけど、
打って代わって今日は快晴の広島はマツダなんちゃら球場(適当)
いい野球日和となった

今日はいろいろと言いたいこともあるんだけど、
あまりにも濃く、そして浅い内容という矛盾が生じているので気になったところだけ


倉本がやらかす(ダブスタ)

過去、倉本が名手の雰囲気を醸していた時期があった
打っては石井琢朗の再来を彷彿とさせた
その結果、倉本は石川雄洋になった

6番に打順を移してからの倉本は好調だ
まるで9番野手を自ら否定したいが為にがむしゃらに打っているようだ
つまりラミレスを1番否定しているのは倉本なのではないか?

そんな倉本にも弱点がある・・・そう守備糞だ
大多数の野球選手が多少のミスをしたところで話題にもならないが、
倉本がやらかすとインターネットがざわつく
そもそもやらかしが他の選手のミスとは比べ物にならないほど稚拙だったりするからだが、
そういう色んな意味でスター性のある男である

布石は前の回にもあったのだが事件が起きたのは5回
今日はやけに球が手についてないな倉本w
そういう和やかな雰囲気をぶち壊すミスプレーが広島に先制点を許した

しかしそう簡単にこけるだけの男ならこんなにも使われる筈はないだろう(願い)
9回表に追いついたのもやはり倉本の1打だった
というか今日は4安打1四球で打点1の活躍を見せている
今日6打席無安打の3億とは比べ物にならないほどの活躍なのだ

つまりこの試合の全得点は倉本によってもたらされたものとも言える
もう何がなんだか分からないがこういう傑出(皮肉)した男がたまに出てくるのだ横浜は
石川雄洋で苦しんだ勢が今度は倉本寿彦で苦しむことになる
時代は変わっても変わらないおいしさ
ハーパーをよろしく


ラミレス無能


1番神里の答えが出ない
いくら考えても出ない
調子が上向いてきた桑原ではなく神里

正直な話、そろそろ神里は下に落として鍛えた方がいい
そういう風に思っていた所でこの所業である
まぁ、神里に関してはまだ納得は出来る

ただ途中で守備が肝になりそうな場面で桑原を使わなかったり、
どう考えても1点を争いそうな場面でもバントを使わなかったり、
9回の微妙なところでリクエストを使ってみなかったりと色々愚鈍がすぎる
結局1-1の引き分けではあるものの、やはり接戦にはなった
スモールベースボールを諦めるというのは分かるが、
それと絶対にバントをしないとかいうのはまるで話が違う

というかやっぱり打順は変えた方がいいんじゃないか?
ようやく嶺井にも1本出たけどそれまで全くだった訳じゃない?
んで今日は早速2回くらいにチャンスが生まれてたのに、
併殺でチャンスが潰れてしまった場面があったよね
宮崎、倉本がようやく調子が出てきたかなってところで今の嶺井は辛い
ならば7番に大和、満塁になれば8番嶺井でも結果は違ったのではないか?
たらればでしかないとは言え、チャンスが潰れれば勢いも止まる
横浜というチームだとその傾向が顕著に現れるから困ったものだ

ラミレスは1回自分の野球を捨てた方がいい
もしくは横浜がラミレスを捨てた方がいい
それくらい今日は酷かった



つつごうよしとも(いかり)

6打数ノーヒット(怒り)
あまりの怒りに全てがひらがなになってしまったけど、
絶対に許してはいけないことをこの人はやりました
今日は一体何をしに広島まで行ったんでしょうかね?
観光か何か?

正直今日0点のまま負けていたらその原因は間違いなく筒香ですよ
ただでさえラミレスがお遊びで打順をいじってはいますが、
その中で唯一変わらないのが3~5番のクリーンナップですよ
もう読んでくれている人は分かると思うけど延々と言ってきた

3~5番が点を取らないと勝てない!

その為の大和加入だった訳だし、今日は嶺井も悪いなりに粘ってた
それならクリーンナップは点を取るのがお仕事な訳
それを1人放棄してたらそりゃ勝てる試合も勝てんわ!(勝てるとは言ってない)

ぶっちゃけ広島の投手は誰も怖がってないよね筒香を
積極的に勝負を仕掛けては無いけど打ち取れる自信しか感じてなさそう
それくらい力み満振りマンと化してて観てて悲しくなった
筒香もたぶん3番が嫌なんだろう
4番にすれば打ち始めるかもしれんぞ
それくらい責任の押し付けをしまくればええねん筒香は!(スパルタ)


明日は休みなんで投手の皆さんにはよき休養をとってほしい
東も中5日でよく頑張った


それだけに今日は勿体ない試合だった


にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

コメント

非公開コメント