FC2ブログ

4/29中日戦 なぜ勝てたのかさっぱり分からない劇的勝利




1_2018040917094011a.jpg

大体筒香のお陰

スポンサーリンク


そもそもぶっちゃけてしまえば相手が中日だから勝てたんだよ()
今日のラミレスも負けよう負けようとしてたけど中日がやらかしてくれた
それが全てだと思う



今日もウィーランドに援護なし!

立ち上がりからナックルカーブがズバズバと決まって最高の出足
さらに自らのヒットで初安打を決める二刀流の鑑
ラミレスの脳を狂わせた8番投手の原因は今日も元気にかっ飛ばしていた
しかしながらその業が自らに襲い掛かってくるとは思うまい

今日も援護がないウィーランドはついに6回大島にホームランを放たれてしまう
自分の打席を消化して7回に下げさせられる様は投手のそれではない
その後、代わった三上まで1発を平気で打たれる始末
何やってだこいつ・・・

またも負けだけ貰って帰るのか・・・そう思っていた・・・



8回ルーキーを懲らしめるいじめっ子集団

で、でーwwwwwwwww代わった投手からしか打てヤツwwwwwwwwwwwwwwwwww

ガルシアに見事に封殺されていたベイスターズ打線
どう考えても相性の悪い相手だったが100球で交代してくれた
そして出てきたのは好投を続けていた鈴木博志
しかしながらその鈴木の制球が思ったほどではなく1番、2番と四球を選ぶ

前回の記事(クリックで参照)

で、私は明日当たり筒香にホームランが飛び出すのではないか?
そういう雰囲気をビンビンに感じていたので

「あ、ここだ!」

と期待していたのですがレフトフライの力み嘉智くんが出張ってきてしまう
よくある力み感がここで出ちゃうのね・・・

しかし嫌な流れを切るのが我らがチャモ
ロペスがやらねば誰がやるを表現するかのようなセンターへのタイムリー
足の速い2人が生還してまさかの同点である
さらに宮崎がヒットを放つも、ここで壊れた信号機の活躍でロペスが暴走し得点はあげられなかった
が、さらにさらに梶谷までヒットで繋いでいよいよ得点圏で代打・佐野!
ん?



代打・佐野

もう諦めろ(苦言)




リスキーエスキー

同点の場面でまさかのエスコバー登板である
下位ならまだ分かるが2番の京田からのスタートに嫌な予感しかしない
案の定ヒット、ヒットで繋がれると代打で出た堂上がバント
すかさず足の速い京田を刺そうと3塁を指示する戸柱
無能の極みがここで出てしまうとは思わなかったがもちろんセーフで、
ノーアウト満塁のピンチを作ってしまった
誰しもが終わる・・・そう思っていたのではないだろうか?

たぶん広島~ヤクルトでさえこの場面になっていたら敗北していただろう
ただし我々が相手をしていたのは中日である
中日ファンの皆さんには本当に申し訳ないと思うがあまりにお粗末と言わざるを得ない
だってノーアウト満塁で0点なんだもの

みつを

これは本当にただただ運が良かっただけ
タイトルの不思議な勝ちの正体は大体この回に収束されている気がする
同じ状況でベイスターズが0点なら発狂ものでしょ?
それを中日ファンはやられてんねん
頭おかしなるで

何はともあれベイスターズは危機を脱したのであった




ウチの筒香がやる


9回を終えて延長に入った両軍
私はふとこんな状況前にもなかったかと既視感を覚えた
それは4/21のヤクルト戦
1点ずつ1点ずつ返していったあの試合も延長10回に2番大和からスタートしたのだ
あの時も確かライトへのホームランを叩き込んだ筒香
まるであの日の再来のように打球は右中間へと吸い込まれていった

なるほどここだったかと
やはり犠打っぽい当たりをした次の日の筒香はホームランの雰囲気あるで
まぁ、あまりにギリギリすぎてホームランなのか疑いたくなったが、
それでもナゴドでホームランが出たのは2016の兆しか・・・

そんなこといって次の日から打たなくなるのが筒香だから
私は筒香のご帰還詐欺には絶対に引っかからない!絶対にな!!!





そしてセカンドに誰もいなくなった


ここちょっと消えてますね・・・倉本と宮本って選手がいたんですが・・・
過去、石川雄洋が築いてきた魔のセカンド
誰も彼もがその地位を狙っては消えていった
そして今年もこの穴は埋まるようでますます拡大していっているようである

今日も今日とて激しい低レベルな争いでセカンドを譲り合っている倉本と宮本
本当に最後の手段では柴田をスタメンで使うことも視野にいれなければいけないのでは・・・
もしくは元々この場所を守っていた例のお方にご足労いただくか・・・
ただ皆さんご存知かどうか知りませんが.146なんですよね・・・
2軍でこれってゴミやん?


どうすりゃいいんだ・・・




にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

コメント

非公開コメント