FC2ブログ

【大相撲9月場所】豊山が勝ち星を積み上げてるのに苦言を呈される訳




232_201909171949465ae.png

戻れないあの頃

スポンサーリンク


そもそも今場所も暴力事件というスキャンダルから始まり、
横綱がまさかのW休場ということでいよいよ新時代に突入する相撲界
その先頭を走らなければならなかった豊山はこの様ですが、
貴景勝・御嶽海・朝乃山と確かに若手の台頭が目ざましい

とはいえ、ここに来て豊山の白星が積みあがっている
それもその筈、力で押すことを止めざるをえないほどの力の無さ
最近のレパートリ―としては、

当たる→押される→押し込まれる→体を替えて突き落とし


完全にもともと自分がもっていた寄り切り、押し出しという手を失い、
出した答えがこの土俵際での戦いである
今日は以外にもまっすぐ突き出しに成功したが、
このどっちつかずの取り組みに、
最近じゃ解説から毎度苦言を呈される始末

しかし怪我からの復調がみられないとなれば、
ここはもう腹を割って自分の強みを消し、
土俵際の攻防に切り替えるしかないと本人も思ったのだろう
ただそうなってくると問題になるのが小兵力士との取り組みなのだが、
果たして本人もどうするのかっていうのを考えているのかどうか
あの体格ですから動きのある相撲をされると途端に弱い
もちろんそんなの関係ねーとばかりに圧で押し出すのが当然なのだが、
足が悪いとそれも出来てないっていう

いや、どうなることやら後半の取り組み・・・



にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

コメント

非公開コメント