FC2ブログ

【Road to DESTRUCTION】なんだかんだでヤングライオン達が好き



12_201909061715149dd.png

久しぶりのプロレス回です

スポンサーリンク

2ヵ月か3か月にくる相撲とプロレスカテですが、
野球のシーズンが終わればもう少し追えるようになるので語っていきたい


Road to DESTRUCTIONの中で総当たりで行われるヤングライオン杯
2年ぶりに開催されてますけど前年度までの試合とは違い、
今回は明確に各道場の対抗戦のような様相をみせてますね
これだけG1の時にアレだけLA道場勢がピックアップされてましたし、
何より柴田がコーチをしているので否が応でも注目度が違います

そこに新たにファレからの刺客であるファレ道場の面々(!?)まで参加している
昔懐かしの対立構造が可視化されたような気がします

さて、蓋を開けてみれば野毛道場の純正のヤングライオン達が苦戦しています
それもその筈、LA道場勢の仕上がり方があまりに良すぎる
初参戦のコグリンにしろ、コナーズにしろ勢いと若さがある
その苛烈さに少々押され気味というところでの3連敗
体格的には負けてない筈なんですが機先を制されたというかなんというか

このまま全敗かと思われたところで成田が一矢報いた形
やはり経験では一日の長がある成田ですので、
そう簡単にペースを掴ませないというかフレドリックスが腕負傷してるからか
何はともあれ野毛道場勢が次につながる1勝だったかなと

ただ道場の対抗戦と柴田は言っていましたが、
結局のところ最後に勝ち残る男は1人のみ
道場対抗戦だろうと身内同士の削り合いだろうと、
全てに線を繋いでいかないとね

ところで対抗戦というにはファレ道場不利すぎないか?w
元祖プロレスラー然としたリチャーズにも注目していきましょう!


にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

コメント

非公開コメント