FC2ブログ

1月場所も半分が終わって横綱の必要性も薄くなったのかな・・・




1_201801212151570c2.png

でも鶴竜は頑張ってるよ

スポンサーリンク



日馬富士・白鵬・稀勢の里のアホのせいで
横綱というものを体現せざるを得ない状況になっているのが鶴竜
連日思い切ってぶつかっていく姿はまさに横綱相撲と呼べるだろう
こういうのを求めてるのが相撲ファンなんだよな
琴奨菊との一戦はそのファン達ですらぐうの音もでないほどの名取り組みだった

さてさてそんなことはもうどうでもいい
相撲協会は金が欲しくて横綱びいきになってるけど、
あなた方の時代は終わったってくらい若い力士たちが奮闘している
もちろんまだまだ時代は終わりそうもないけど世代交代の波はすぐそこまで来ている
いや、その前に相撲協会自体が終われと常々思ってるわけだけど、
これに懲りて公益法人もはく奪されろ

その若い力士の中でもちろん私が応援しているのは豊山
もうこんだけ言ってるんだから今更感はあるけど半分が終わって成績はどうなんだ!?










4勝4敗









うーんこの・・・
イーブンならいい方じゃないかと思われがちだけど、
今場所で勝ち星が先行することが無くてな
結局のところ揺蕩ってるって表現が1番しっくりくる

どっかの日に言われてたけど脇が甘いんだと
だから突っ張っても突っ張っても押しの衝撃が散発するというか、
ダメージとして残らないのよね
だから押されてはいなされ押されては抑えられ逆に押され返される
恵まれた体系から糞みたいな突っ張りだもんで勝ちきれない
稽古不足やね

どうせここから技術云々でどうにかなる訳でもないんだから、
思い切って押しに徹してほしいね
富山やら長野やら近隣の力士が頑張ってる中で置いてかれてる感半端ないから、
その辺りを意識して頑張ってほしい
それだけが私の願いです






にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村




スポンサーリンク

コメント

非公開コメント