FC2ブログ

7/3巨人戦 ザックは辞めさせられた、梨田は辞めた・・・じゃあラミレスお前は?



3_2018070321483620d.jpg

獅子身中の虫とはこのことですな

スポンサーリンク


まずはその凝り固まった頭をほぐすこと
1度うまくいったからと言って2度目を過信しないこと
データをちゃんと使うこと
潔く辞めること



忠犬・シバ公、大活躍

横浜で飼っている柴犬が元気だ
小さな体をフルに使って球を集めるのが得意で、
投手陣からはそれなりに信用されている
しかし打撃の方は・・・

その柴犬が今日は大活躍だった
主人である石川雄洋さんが見守る中、
グラウンドに出て元気に走り回る姿を見せてくれた
横浜には数少ない球をよく見る犬なので、
塁に出るのもお得意である

極めつけはなんといってもHRが飛び出したこと
前にいる鈍足熊が目障りだったのか、
自分の走る走路が塞がれてご立腹な彼は、
ならばと敵陣に華麗に球を飛ばし1周して帰ってきた
あの小さな体にどれだけのパワーが秘められているのか・・・
主人の石川さんも体力の限界を感じつつ、
今日も散歩に連れて行くのだった




お供のソトさんクワさんと悪党を懲らしめる雄洋ご老公

諸国を漫遊し悪党を成敗している石川雄洋ご一行
今日は東京ドームで暗躍する坂本悪代官の、
圧政に苦しめられるバリオスお嬢さんの涙にほだされ、
自らバットを握り先兵である谷岡に切り込んでいった

相手のミスを誘う颯爽とした走塁技術で場を荒らすと、
これを見ていたうっかり三振ツツベーも絶頂
お供のクワさんとソトさんの活躍もあり無事成敗となった
ありがとう石川雄洋さん!
ちなみに今年初ヒットである




ラミレス、もう滅茶苦茶

笑い事じゃなくなってきたのが7回の裏である(素)
石川雄洋さんの活躍によってバリオスに代打を出したのは、
誰にも咎められない結果で終わった

中継ぎで出てきた三嶋が2OUTまでこぎつけるも、
亀井に四球、長野へセンターへと運ばれる1.3塁

ここで動いたラミレスは9連戦だというのに中継ぎを投入するが、
代わったタナケンは大城に対し四球を出してしまう

そしてここで動いたラミレスは9連戦だというのに中継ぎを投入するが、
よく考えたら去年だったか3-3と相性抜群の三上VS陽を演出してしまう
これは俗にいうギャンブル中毒者が、

「3回外れたし4回目なら当たるだろ」

という何の根拠もないとにかく凄い自信で三上を送り出す
結果同点に追いつかれるタイムリーツーベースを許してしまう
さらに悪夢は続きこの回一挙4点

ラミレスが動くと大体負ける法則は未だに健在だが、
これで中継ぎに文句をいうのは止めよう
中継ぎは疲れている
ラミレスは何か感じてほしいってあの人も言ってたような(大嘘)

更に言えばノーアウト2塁で我らが石川雄洋へのバント指示
この消極的同点に追いつけばいいや的な考え方が、
結局横浜の攻めっ気を消滅させ、
僅かに1点差でマシソンにやられてしまった
澤村からなら逆転も見えたかもしれなかったが、
危険球退場とかいう筋肉パフォーマンスでその目もつぶれ、
期待のカミネロも抹消されているので成すすべもない

一体あといくつ負けたらラミレスは解任されるんだろう
もはや投手陣がボロボロにされているだけでも許しがたいのに、
これでは来年監督やる人も1から整備しなおさなければならない
また清に整備だけやらせるつもりか?
もうこれ以上の犠牲を出さない為にもまずはラミレスの解任
横浜の監督なんか座ってるだけでも選手が十分力を発揮するから、
石川雄洋代行に任せておけばいいよ
その間に次の監督を見つけよう
それが今1番横浜の選手を守ることに繋がる筈だ





今までこんな直接的発言は控えて来たけど、
もう我慢ならん
中継ぎが疲弊するなんて春先からみんな言ってたのに、
その不安が現実のものとなってもラミレスは何も出来ない
結局なんの策もなく中継ぎ投手を投入していただけだ
零れたミルクは元には戻らないけど、
これ以上溢れさすのを食い止めることは出来る筈だ!
親企業が金目の糞会社なので期待は出来ないが、
今日ほどラミレスの解任を願う日は無い

それくらい横浜ファンは怒っています!(激怒)



怒ってるのはお前定期
にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

コメント

非公開コメント