FC2ブログ

6/11日ハム戦 今永が雨の中、今季初勝利も課題は残す!そしてありがとうエスコバー!



1_20180611173016dbe.png

さんきゅうゴールデンボール

スポンサーリンク


雨の中、ダブルヘッダーを回避するために、
ハマスタとかいう魔境でプレイは開始された

初回から失点を許す展開になった今永ではあったが、
近藤の走塁を見て、

「今日はどうせ中止やろな」

そんな思いで競馬ばっかりに目が行っていた
しかし試合が止まることはあれど、
どうやら成立するまでは中止になる感じがしない
選手の怪我がないよう祈願しながら私は野球に集中した

その間に買っておいた馬券は万馬券となって私のもとに帰ってくるのだが、
それはまた別の話である(自慢)




今永初勝利も5回3失点


5回94球6安打7三振2四球
雨で手が滑っていたこともありチェンジアップがとんでもない方向に飛んでた
こうなると下手に変化球を投じるのが怖いと思ったか、
結構ストレートを中心に攻める形となった
もちろん途中で状態を上げてきたか変化球も決まっていたので、
雨中の中でもそれなりの結果にまとめあげた

ただこれで喜ぶ横浜ファンは素人も素人
昔の今永を知っているファンならこの出来では満足できないだろう
もちろん私はチームが勝ったので大喜び!
はよ中止にしろ!と思ってましたv(*‘ω‘ *)v

雨が負担となったのは投手野手ともに条件的には同じだ
その中でのパフォーマンスでしかないのでなんとも言えないが、
勝利がついたということは喜ばしい限りである
これで状態が上向いてくれれば御の字だが、
次回登板に期待するということで〆たい



打つ香さん、打つ

パスボールで早々に同点に追いつき、
黒羽根も早々に2軍落ちになったけど、
試合の決定機を逃さなかったのは日本の主砲こと筒香である

珍しく1番打者の桑原がヒットを打つと神(かみざと)もそれに続く
なかなか無いけどこの2人が出ると驚異的だよね
桑原がちょっと足を引っ張る傾向が強いけど
この2人がでたら強いよ

ソトは空三に終わってランナー1.3塁の状況でも2OUT
開幕頃の筒香なら力みが凄すぎてポッパーとして醜態を晒しただろう
しかしとらえた打球は見事にレフトスタンドへ放り込まれた

力みなくして解放のカタルシスはありえねェ・・・

そういう謎の言葉が聞こえてきたかのような1発だった
今日はそんなこともありつつ日ハム投手陣から3打数3安打3打点
見事にトリプルスリーを獲得した(大嘘)

更に言えば前の打者と後ろの打者の3人も見事に2安打ずつで今永を盛り上げた
ソトがブレーキを踏んでたけど
雨だったからと自分をごまかしておく
明日からも雨なんですがそれは・・・




5回中止にする名判断

前回のヤクルト戦では7回まで引っ張られたけど、
そもそも雨のグラウンドで長々と試合をされても、
こちらは選手のことが気がかりで試合に集中できない

横浜が勝っている時に限りスパッと中止を宣告する
それがホームゲーム主催の利点と言っても過言ではないんだから、
審判団も無駄な前例を作らないで試合が成立したらスパっと終わる!
そういう断固たる意志を示してほしいね
野球やってるのは選手なんだから選手のことを1番に考えなきゃ

5回もやればそれなりに客は満足するだろうし、
ホームが勝ってればその後のデモンストレーションも盛り上げてくれる
もちろん賑やかし選手(主に桑原と高城)には無駄な疲労を与えることになるかもしれないが、
遊びならそこまで無茶はしないだろうし
今回はダルビッシュ(別人)の活躍もあって中止後も大いに盛り上がっただろう
こういうのでいいんだよ、こういうので




ありがとう、エスコバー

ロペスが復帰もまだ先なのにエスコバーが今日2軍に落ちた
ケガの心配もあるだろうがたぶんバリオス辺りが先発として上がってくる関係で、
今まで長く1軍の中継ぎの疲労を肩代わりしてくれていたエスコバーを、
1度ここで休養させようという腹積もりなんだと思う

勝ち継投としても少し寂しくはなるけど、
それでもエスコバーが故障なんてことにでもなればそれこそ終わりだ
パ・リーグは速球派には強いんだ!と割り切るしかない

エスコバーが居なくなった分、他の中継ぎは遊んでる場合じゃなくなったな!
あ、誰も遊べてねえわ!!!
やべぇよやべぇよ・・・
もう1人くらい下から中継ぎ来るかね?
須田かな?加賀かな?(どうせ違いそう)



そういえば台風が来てますねぇ(意味深)
次は千葉だから移動が大変ということはないだろうけど、
ウェルカム雨状態の球場ですからねぇ・・・
ダブルヘッダーくんが未だにこっち向いてるのが気になるところですか・・・

ま、やれればいいよねって感じ


にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ
にほんブログ村







スポンサーリンク

コメント

非公開コメント